本当にあった風俗で男を救ったお話

金髪の女性

マン汁が男を救ったお話

普段の遊びが飽きてきたら日本橋のマニアックな風俗を利用して、斬新な遊びをしてみましょう!



これは知人男性が体験した実話です。
彼はスポーツマンで、いつも長距離のランニングをしています。そんな彼がある日、とても自分ではコントロールすることができない性欲に襲われてしまいました。当時はランニングの途中で、近くに公衆トイレもない状態でした。汗だくで困り果てた彼は、持っていた携帯電話からデリヘルのお店に連絡をしたそうです。
そうしてランニングをしていた格好のまま指定されたホテルに駆け込み、ムラムラしながら女性を待っていました。それと同時に、彼の体に異変が起こり始めていました。ランニングの途中に休憩することなくホテルへ向かったので、脱水症状の初期症状が出始めていたのです。フラフラになりながらも、派遣されてきた女性に悪いと思い彼は命を懸けてプレイを始めました。シャワーを浴びるとさらに体調が悪くなりました。そうしてベッドに倒れ込むと、女性が股間を顔に近ずけて馬乗りになりました。それを見た彼は、本能的に女性の股間に顔を埋めて吸い付き始めました。
すると、マン汁が大量に溢れてきて彼はそれを必死に飲みました。溢れ出すマン汁を体内に取り込むことで、彼の脱水症状は改善されたのです。それから上機嫌になった彼は、時間いっぱい女性とエッチを楽しみました。

風俗嬢とランチ

私は休みの昼間に良くデリヘルを利用しています。
もちろんプレイが目的なのですが、風俗嬢と話しをするのも好きなので、ついつい話し込んでしまうことが良くあります。
先日も新規で呼んだ子と話しがあったので、かなり盛り上がってしまい、気づくと残り10分になっていました。
ごめんねと言われましたが、楽しい時間が過ごせたのでいいかと思って、その子を帰しました。
そんな時に、有名店で、昼の指名ナンバーワンの子が指名できたので、ホテルに呼びました。
その子はかなりおおきなおっぱいの持ち主なのですが、顔はロリ顔で可愛い感じでかなりギャップがあっていいねと思いました。
プレイもサービス満点で、アナル舐めからパイズリまでやってくれました。
終わって、ベットで横になって話をしていると、他のお客さんとホテルを1回でて、ランチをしてきたことがあるといわれました。
すごい楽しそうだと思ったので、またその子を呼んで、ホテルに確認を取って、まずランチに出かけました。
2人でパスタを食べて、たくさん話しをしました。
その後、ホテルに戻ってプレイをしました。
デートからのプレイなので、本当に彼女のように感じました。
1ヶ月に1回位はランチありかもと思いました。

おすすめの情報

  • イベントがある時には大体利用している

    年末年始とかそう言う時期って世の中が、浮かれまくってて凄いムカつくんですよね。というのも私には、一緒に楽しい時間を過ごしてくれる相手がいないから、皆が楽しそうにしているのを見てると本当にムカつくんです。そう言うときの私のストレス解消法は、風俗に行くことなんですよね。そして、世の中では盛り上がっているというのにこの女はさえない男の相手をして金を稼いでいるのかと心の中で罵りながら遊ぶとスッキリするんですよね。特にクリスマスなんかにこれをやるのは最高で、ク…

    »詳しく見る

  • 風俗店でお気に入りの女の子と遊ぶ際の注意点

    風俗店に出勤する女の子は、様々な事情があって、必ずしも定期的に出勤しない事が特徴です。風俗嬢は、基本的な出勤に関してはお店側に申告します。基本的に女の子の事情を考慮して、お店側が1週間単位の出勤を決めている場合が多いです。お気に入りの女の子を探すためにホームページを見る場合に、どうしてもお気に入りの女の子と遊びたいならば、出勤の状況を調べておく必要があります。注意する点として、女の子が不定期に出勤する場合に、出勤する日と出勤する時間帯で出勤をするかを調べておく必要があります。お客様も様々な…

    »詳しく見る

  • 風俗嬢とメール

    私はデリヘルを良く利用しています。昔は気にいった子がいた店舗型ヘルスを利用していましたが、その子がデリヘルに移動したので、その子を追いかけてデリヘル利用にかえました。デリヘルになってから、なかなかその子に会えなくなって、行きたい日に限って彼女がいないなどが続いたので、彼女を指名できたときに、いついるかわからないから指名できないと伝えると、彼女が自分の携帯メールアドレスを教えてくれました。僕はいいのと聞くと、そのデリヘル店ではアドレスであれば教えていいと言われているみ…

    »詳しく見る

  • 乳首を吸ってもらえるのは風俗だけ

    乳首が性感帯である男性は多いです。しかし、それが男らしくないと思い込んで妻や彼女に責めて欲しいと頼みにくい人がほとんどです。仮にお願いすることができたとしても、そんな性壁に付き合ってくれるほど一般女性は暇ではありません。そうして乳首をいじってもらえない男性が取る行動は自分で乳首を責めるというシンプルなものになりまし。しかし、これは無駄以外のなにものでもありません。なぜなら、所詮素人男性の乳首責めなど気持ち良くはないからです。やはり、一流のテクニックを持った女性に乳首を責めてもらいたいもので…

    »詳しく見る

コンテンツ一覧